パーマ、カラーの残留物質を無害化するシステム

前回は活性酸素と水素の関係性、ヒドロキシラジカルを除去して白髪や薄毛を予防することについて書いてみました。

今回はパーマ、カラー剤の有害物質を中和、除去するシステムについてご紹介します。FullSizeRender 5

まずカラー、パーマ、ストレートに含まれる一剤の毒性(アミン、ジアミン、アンモニウム、モノエタノールアミン、アルカリ剤)を中和し除去し別の物質に変える有機イオン化ミネラルを主成分にしたT2トリートメントをカラーの最後、パーマの二剤前におこないます。

スクリーンショット 2017-06-29 15.28.18

続いてカラーパーマ剤に含まれる過酸化水素をカタラーゼ酵素で水と酸素に分解し、ブロム酸(活性酸素)をSOD酵素で除去するT3トリートメントを行います。

スクリーンショット 2017-06-29 15.37.14

この二つの処理をすることでパーマ、カラーの残留ダメージを最小限にすることができます、

そして前回書いた水素トリートメントを行うことで有害物質の活性酸素を除去することでパーマのカラーを継続して行うことで起こる薄毛、白髪を予防して頭皮と髪の状態を老化しにくい状態にします。

今まで肌が敏感でカラーができなかった方やパーマのダメージがきになっていた方などには朗報ですね。

コンプリートヘアではこの3ステップのトリートメントを今月から提供しています。

プライスは3000円になります。(パーマ、カラー時に同時する場合)

単体でする場合はリラクゼーションシャンプー付きで5000円になります。

今までにないアプローチのシステムですから是非お試しください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中