アッシュカラー

最近何度かこのブログで取り上げてきた高彩度カラー!!

その中でも人気はアッシュカラー

アッシュ系というのはブルー系の色味のカラーで日本人の髪にある赤みを排除した発色が最近のカラー剤の特徴です。

もちろんオススメのカラーなんですが、、、、

気になるのは自分にはたして似合うだろうかって事だと思います。

本来、日本人の肌や皮膚には一番無い色味が青みです。厳密にいうと血管なんかが青みがかかっていますよね!!

血管の色をみて頂けるとわかると思いますが本来青みというのは浮いてみえるんです。

ヘアカラーの場合も同様に顔の横に青みがかった色を持ってくるとアクセントになる感じになります。

メークアップなんかでもブルー系の色味はリップやチークにはあまり使わず、アイラッシュや目元にアクセントカラーとして使用する事があるくらいです。

ヘアカラーの場合でもこの辺りを考える事が大切です。

ナチュラルで暖かみがあって優しい雰囲気を目指す場合はやはりこのブルー系の色味を強く発色させると違和感があります。

逆にクールでイノセントな魅力を最大限に引き出したい場合なんかは徹底的に赤みを飛ばしたアッシュカラーはかなり効果的だと思います。

ベースのお肌のトーンなんかも赤みが強かったり唇の色味が濃い方なんかはあまり濃ゆくブルーが発色しないほうがいいと思います。

こういった感覚もヘアスタイリストによって意見は色々なので自分と感覚があう美容師さんにアドバイスして貰うのが一番ですけどね!!

ヘアカラーをした毛ってわかりやすくいうとスケルトンなんですね、だから室内と外では色の見え方も違ってくるし光の当たり方でも変化します。

花なんかの植物は光を反射しますが、髪は光を吸いこむ感じなんです。(微妙に反射もしますが)

僕もインスタやらこのブログなんかで使うヘアスタイルのフォトを撮影するんですが、

植物とか食べ物なんかは肉眼で見た通りか肉眼より綺麗に比較的簡単に撮影できるんですが、ヘアカラーの色味はやはり実際との誤差がまだあったりするのが今の課題です、、、、汗

いい意味でアクセントとしてヘアスタイルを一番目立たせるのか、それとも全体の中に溶け込むようにするか

そんなことを考えてヘアスタイルをチェンジしたり、やりたいカラーの感じからレングスやフォルムを考えてみるのもいいかもしれませんね!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中