ヘアカラーの「かぶれ」について、

最近ニュースでヘアカラーでかぶれる方が増えているという情報が流れて、この事についてお客様から問い合わせがあったり、話題になることがあります。

カラーリングの場合一番多いジアミン系染料のアルカリ性カラー、非ジアミン系の植物染料ヘナ、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントなどがあります。

ヘアカラーのかぶれの場合、ほとんどがこのジアミン系の染料の反応して起こる場合です。美容室で行う場合もホームカラーもごく稀ですがこのジアミン系が合わずにカラーを断念される方もいらっしゃいます。

この合う合わないはパッチテストという方法がありますから美容室でテストして貰う事が出来ます。

ただ一番多い悩みはカラーリングはするのだけど、少しだけしみたり赤くなったり痒みがでるので不安という方が多いようです。

  
こういったケースの場合はジアミン系のカラーリングを行う際も工夫することでそういった症状を軽減したりほとんど気にならない程度に抑える事は可能です。ただジアミン系のカラーは頭皮と髪に負担が全く無いという事はありません、それでも他のカラー剤には無い綺麗な染まりとバリエーション豊富な色味を考えるとこれからもカラーリングの主流だと思います。

僕たちプロの美容師はいろんな経験を元にまずはじめてのお客様であっても髪質や頭皮の状態を確認する事で、だいたいの個人差を察知していろんな方法を教えて施術していきます。

まず染める前の段階でかぶれやすそうな場所へ薬剤の刺激を抑えたり保護するためにオイルやプロテクトクリームを使用していきます。

出来るだけ薬剤を放置する時間が短くて済むようにスチームを使ったりもする場合もあります。

そして一番大事なのが塗布技術!!

染まりやすい場所、染まりにくい所、しみたりかぶれ易い場所を見極めながら素早く塗布して、常に頭皮に異常が起きて無いか確認しながら施術していきます。

カラー剤を塗布して放置時間にもこまめにチェックしています。

カラーリングの後に起こる痒みは主にアフターシャンプーの際に充分に洗いしっかりすすぎ、そして残留アルカリを除去するトリートメントを使用したりすることでかなり緩和出来ていると思います。

  
こうやって多少、髪に負担があるジアミン系染料のカラーでもいろんなテクニックや付属する薬剤を使うことで髪と頭皮の負担を減らしてカラーリングを楽しむことが出来ます。

これは僕のお店でやっている事ですが、他の美容室でも方法に多少は違いはあるかもしれませんがいろんな工夫と知識をもってカラーをやってる美容師がたくさんいると思います。

美容室の仕事には正解が一つだけではなくていろんな正解ややり方、考え方があっていろんな個性の美容師さんがいます。

皆さんも信頼のおける美容師さんに相談すればベストなアドバイスを貰えると思います。

だから特殊なケースを除けば是非カラーリングを楽しんで欲しいというのが僕の想いです。

最近はネットを中心にいろんな不確定要素の多いいろんな情報が溢れていて戸惑う方も多いかもしれませんが、皆さんに一番お願いしたいのは毎日現場で実際にカラーリングを施術してシャンプーしている現場の美容師を信用して任せて欲しいって事です。

ほとんどの美容師はお客様を出来るだけずっと長く担当していたいと思っています。

だからカラーリングやパーマにしても説明書通りではなくて経験とお客様の個性にあったいろんな工夫を一人一人の方にしています。

次にジアミンが入っていない植物染料のヘナですが、これも必ずかぶれないって事はなくて草負けなどのアレルギーがある方もいるので注意が必要ですし、ヘナ本来の色味はオレンジ色ですが黒く染まるヘナなどはジアミンが入っているのでやはり100%安全とは言えません。

最後にヘアマニキュアや塩基性の染料を使用したカラーやヘアカラートリートメントですが、髪の負担が軽いものが多いですが、染まりや色味が計算出来なかったり不十分だったりパーマやストレートをした場合に変色する事があるのでいずれにしても美容師に相談するのが一番いいと思います。

僕たち美容師が実際に現場でやっていること,

そこを是非信頼していただいて素敵なカラーリングを楽しんで欲しいですね!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中