前髪はメーキャップである‼︎

美容師さんによく
「前髪の長さはどうしましょう?」

「眉くらいでお願いします」
女性の方ならヘアーサロンでよく出てくる会話でしょう。

僕はこの前髪の作り方はお客様には最初聞きません…

何故か…

だって顔の見え方を左右する大事なポイントです…僕が一番いいと思うカタチを提案して了解もらってからカットしていきます。

今回は前髪について考えてみようと思います、多分奥が深すぎて何回かに分けて書く事になると思います。

そして美容師によって多少考えの違いもあるしその違いをデザインの個性と思ってもらって好きなヘアースタイリストを選ぶヒントになると良いかなと。

以前もブログで紹介しましたが…
半顔メークで有名な桃さんの本
20140805-160141-57701743.jpg

彼女は日本人に多い一重でアイホールがフラットで腫れぼったい目です。

これをアイラッシュやマツエクとでまつ毛をハッキリさせ、アイプチやアイテープで二重まぶたにしていき目をパッチリと見せています。

いまどき女子には常識のテクニックでしょう。
ここで前髪の長さです。

仮に眉毛半分くらいの長さにカットした場合と目尻と眉毛のあいだくらいの長さにした場合…

圧倒的に後者の方が眉毛も隠れて目もとパッチリとみえます。その差約一センチ‼︎

厚みのある前髪のラインがフラットなアイホールをカバーしてくれています。

もちろんその人によって、なりたい感じ、好きな顔によっていろいろ変わってくるでしょう。

20140805-161602-58562452.jpg

このモデルさんの場合目尻の横の顔の面接が狭く面長に見えやすい…

それで目尻の横近くまで広めに前髪をカットプラスその近くまでアイラインを引く事によって目ヂカラを出しています。

大切なのはアイメイクと前髪を連動させて考えるか…

マツエク、アイラッシュも長さメインやボリュームメインとかいろんなデザインがあるので関連してカットしていく事て顔が変わります。

だからお客様に悠長に前髪の長さはどうしましょう?じゃなくてどうしたらいいか提案を先にしないとダメなんです。

20140805-162613-59173407.jpg

このモデルさんみたいに元々目が大きくパッチリとしている場合あえて眉毛をみせたりするのもアリかなと。

もちろん前髪意外の部分も顔と関連してる部分もありますが、今回は前髪との関連について書いてみました。

人間の顔は左右不対象の場合が多いので上のモデルさんのように短い所から長い所に少し変化をつけてアイブロウの左右の違いに対応する事もできます。

ヘアーとメイクは分けて考えられない時代のようですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中